製図にCADを使うメリット

  • By :
  • - Date :

昔は製図を行なうと言っても、紙に鉛筆を利用することによって書いていくぐらいしかありませんでした。PCの性能がもう一つ高くなかったので、どんな人でもpcを利用して図形を作成することが不可能だったわけです。PCの機能性が悪いと同時に、過去はハイスペックの製図ソフトウェアもありませんでした。それ故どういった仕事現場でも、製図を行なうときには紙に鉛筆を通して書き記していたのです。しかしながら、このやり方は面倒なことがあります。正しくない線を引いても直ぐやり直しできません。消しゴムによって消してからでないと、続けることができません。CADがもたらされてからはそうした問題点は解消されています。CADとは、コンピューターにサポートしてもらい製図を進行させていく時に活用するソフトシステムということを意味します。

CADの機能性は優れています

CADの魅力のひとつに、いわゆるレイヤー機能を最大限に活用できる点があります。たとえ正しくない線を引いても、編集しなおすのはワンボタンで可能ですので、非常に使い勝手が良いといえます。誤った線については直ぐなかったことにして、適正な線を引くことができます。また、今までのデーター数値を保持させることもできますし、当然回転であったり縮小や拡大も自由自在です。そして、3D化させ、さまざまな角度から目にできるようになるのも、手書きの製図にないアドバンテージでしょう。そうしたメリットを手にするために、CADが取り込まれています。

電気CADは細かい記述になりやすい電気工事の配線図面の作成を効率的に実行出来る利点があります。既存の図面にある記載漏れやずれなどのミスを修正することも出来るので、工事の安全性向上が可能です。

金の査定のポイントは?売るときのこつは?

査定でチェックされるポイントとはもう使用しなくなった金のアクセサリーなどは、処分するより売るのがおすすめです。…

活躍シーンが豊富!バナースタンドの魅力とは

軽量で持ち運びも簡単商品やイベントのPRに看板は欠かせませんが、重さがあって大きいものは移動することが大変で利…

短時間でできるの!?便利な車の免許の取り方

実は短期間ででもできる免許の取得車の免許を取るためには教習所に、何度も通わなければいけません。場合によっては数…